チュウキョ〜くんの防災マップ

見て学んで備えるアプリ
ADVERTISEMENT

チュウキョ〜くんの防災マップとは

南海トラフ沖巨大地震が発生したらどうなるか?何をすればいいか?を確認する防災学習アプリです。災害は予想以上の規模になることがあります。自分で自分や家族を守るためにあらかじめ備えておきましょう。

【南海トラフとは…】

南海トラフの「トラフ」とは、海底にある「溝」のこと。
図のように、西日本の沖合いの海底では、フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下にもぐりこんでいて、その境界にできた溝のことを南海トラフと言います。ここでは、過去、東南海地震や南海地震などが繰り返し起きてきました。

地震が起きたら、どうなるの?

「被害想定MAP表示」で愛知県・岐阜県・三重県の
「震度」「津波高」「津波到達時間」の想定を確認してみましょう。

【出典】
被害想定MAP
■被害想定 内閣府 南海トラフの巨大地震モデル検討会(2012年8月29日公表)
■MAPデータ 株式会社昭文社

オリジナル防災MAP
■MAPデータ 地理院タイル
■避難施設データ提供元 国土数値情報
※避難所の情報は出典データを元に整備をしておりますが、調査や整備のタイミング等から、実際の情報と異なる場合があります。
各自治体の防災情報をご確認ください。

地震に備えて、何を準備すればいいの?

「チェックリスト」の「準備品リスト」で、オリジナルの準備品リストを作成できます。
「その他」の「防災ガイドライン(準備品)」を参考に、自分で自分(家族)を守るために準備しましょう。
準備品は消費期限を設定することができます。用意したときに、消費期限の日付を設定しておくと、期限が近づくと赤字で表示されます。

地震に備えて、何をすればいいの?

「チェックリスト」の「ToDoリスト」で、オリジナルのToDoリストを作成できます。
「その他」の「防災ガイドライン(ToDo)」を参考に、災害がおきる前に準備しておきましょう。
 
 
 

地震が起きたら、どこに避難すればいいの?

「オリジナル防災MAP」の詳細MAP【作成】で、
避難場所・避難所を確認することができます。
自宅・避難場所、自分や家族の勤務地・学校を登録してシミュレーションしてみましょう。
「オリジナル防災MAP」の広域【表示】で愛知県・岐阜県・三重県の広域で確認することができます。

津波避難

いざ、というときには、
「想定にとらわれないこと」
(MAPにとらわれない。津波浸水予想区域外でも安心しない)
「状況に応じて最善を尽くすこと」
(時間がある限り、より高い場所、より安全な場所へ避難しましょう)
「率先して避難すること」
(津波警報が発令されたら直ちに)
が重要です。