中京テレビ放送株式会社会社案内

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

平成28年3月29日制定

中京テレビは、次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境を作るため、社員が仕事と子育てを両立させることができ、また、社員全員が働きやすい環境の中で能力を十分に発揮できるように、「行動計画」と「次世代育成支援対策」を内容を充実して次の通り、新たに策定いたしました。

中京テレビの一般事業主行動計画

1.計画期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間

2.雇用環境の整備に関する目標と計画
  1. 人事部内に設置した、妊娠中・出産後・育児休業中等の健康管理や就業相談の窓口を継続します。 さらに、産休前や産休・育休からの職場復帰前などに、個別状況の確認や意識を共有するための、上司を交えた面談を行います。
  2. 育児休業取得を促進するため、計画期間中に育児休業取得状況を以下の通りとします。
    ※ 男性  取得者1人以上とします。
    ※ 女性  取得率80%以上とします。
  3. 育児支援のため、イントラネットを通じて「育児休業制度」の社内告知を常設します。さらに、法律や社内制度について分かりやすく解説するガイドブックを作成します。
  4. 育児支援のため、生後1年未満の子を育てる社員に、育児のための有給休暇を付与する制度を導入します。
  5. 年次有給休暇の取得促進のため、全社的に休暇取得奨励日を設定し、社内への周知を徹底します。
  6. 年次有給休暇取得促進のため、有給休暇を半日単位でも取得できる半休制度を導入します。
  7. 育児休業取得を促進するため、育児休業期間を勤続年数に算入します。
3.次世代育成支援対策
  1. 中学生、高校生を対象にしたメディアリテラシー授業を実施し、積極的に従業員が関わることにより、次世代育成に貢献します。
  2. 将来の人材育成に貢献するため、大学寄附講座を実施します。地域の大学に従業員を講師として派遣し、テレビメディアに関わる各種講座を開講します。

以上