試写会ナビ

試写会情報

中京テレビ特別試写会「コクリコ坂から」(6会場)

サンプルイメージ

開催日時

平成23年7月12日(火)
開演18:30

会場

TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
TOHOシネマズ東浦
TOHOシネマズ木曽川
TOHOシネマズ津島
TOHOシネマズ岐阜
TOHOシネマズモレラ岐阜

主催

中京テレビ放送

募集人数

総計ペア
1,100組2,200名様御招待

募集期間

締め切りました




概要

【映画名】「コクリコ坂から」(東宝/配給)
【企画】宮崎駿
【原作】高橋千鶴・佐山哲郎(角川書店刊)
【監督】宮崎吾朗
【主題歌】手嶌葵「さよならの夏~コクリコ坂から~」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
【声の出演】長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、柊 瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之 他
【上映時間】1時間31分

1963年の横浜の高校生、そして戦後の混乱期を生きた親の世代。
親子二世代に亘る青春を描く、スタジオジブリ最新作。

太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。 そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開催を目前に控えていた。 人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。 煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。 しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。 そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって、小さな紛争が起きていた。 古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。それを取り壊すべきか、保存すべきか。 ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。 ふたりが見出した日本の“明るい未来”とは、何だったのか。 16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく――。

一般公開

7月16日(土)より、全国東宝系にて公開


枠画像

ADVERTISEMENT