恐竜の大移動~ティラノサウルス類と角竜の起源と進化~

2017年3月18日(土)〜5月28日(日)名古屋市科学館

ティラノサウルスとトリケラトプスの1億年に及ぶ大移動と進化の物語

画:山本 匠

開催概要

恐竜の大移動~ティラノサウルス類と角竜の起源と進化~ -img-

北アメリカは恐竜研究の中心地であり、そこから産出する最大級の肉食恐竜ティラノサウルスや角竜トリケラトプスは非常に人気が高い恐竜です。そしてその祖先はアジアに起源があり、北アメリカに渡って繁栄したといわれています。

本特別展では、アジアで出現した小型のティラノサウルスやトリケラトプスの祖先が、やがて北アメリカに渡り大型化する進化の道筋を、当時の大陸移動と関連付けて紹介します。

名称 特別展「恐竜の大移動~ティラノサウルス類と角竜の起源と進化~」
会期 2017年3月18日(土)〜5月28日(日) ※会期60日
休館日 毎週月曜日(3月20日、5月1日は開館)
3月21日(火)、4月21日(金)、5月9日(火)、5月19日(金)
開館時間 9:30~17:00(ただし、入場は16:30まで)
会場 名古屋市科学館 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号
芸術と科学の杜・白川公園内 TEL: 052-201-4486
主催 名古屋市科学館、読売新聞社、中京テレビ放送
後援 駐日中国大使館
協賛
特別協力 福井県立恐竜博物館
協力 ニューメキシコ自然史科学博物館、浙江自然博物館、諸城恐竜博物館、中国科学院古脊椎動物古人類研究所、天草市立御所浦白亜紀資料館、長崎市教育委員会
お問合せ 名古屋市科学館 052-201-4486
(受付:開館日の9:00~17:00まで)