「食べて大丈夫」と認識 フグの肝臓販売

更新時間:2018-01-16 17:44

20180116006-120180116006-220180116006-3

 15日、愛知県蒲郡市の「スーパータツヤ」が、フグの切り身を毒のある肝臓と一緒に販売していたことが発覚した問題で、フグの処理を担当した従業員が県の調べに、「ヨリトフグの肝臓は食べても大丈夫だと認識していた」などと話していることが、その後の取材で分かった。
 売られた5パックのうち2パックについて、販売先が分かっておらず、保健所などは絶対に食べないよう呼びかけている。
 また、県の保健所は16日午後、立ち入り調査を行い、販売状況などを調べた。

    ADVERTISEMENT