ストーリー

舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていました。
誰もが希望を失っているなか、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。
11年前、孤児院の前に置き去りにされたというのに、いつか両親が迎えに来ると信じて、逆境にひるむことなく前向きに生きています。

そんなある日、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースに気に入られたアニーは、クリスマスの2週間をウォーバックスのもとで過ごすことに。
ウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うようになります。

しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢をあきらめきれません。
その強い気持ちに打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけて彼女の両親を捜すことにします。
ところが、それを知った孤児院の院長ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てに悪だくみを始めて・・・。

はたしてアニーの夢はかなうのでしょうか?

『アニー』誕生の歴史

『アニー』が誕生したのは1924年、「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さな孤児アニー)」という漫画として新聞「ニューヨーク・デイリー・ニューズ」に連載されたのが始まりです。

当初、原作者のハロルド・グレイは、大恐慌にあえぐ労働者階級の姿を捉えた風刺漫画を描く予定でしたが、直前で構想を変更。
ほとんどの漫画が少年を主人公にしていた当時、11歳の孤児の女の子を主人公にしたこの物語は大きな反響を呼びました。

逆境にあっても前向きで、明るい彼女のキャラクターは、不況にあえぐ多くの人々の心を掴み、新聞連載は50年以上も継続されました。

アメリカではじめてミュージカル『アニー』が上演されたのは1976年のことでした。
作詞・演出をてがけたマーティン・チャーニンは、1970年に友人へのプレゼント用に『アニー』の原作コミックを手に取り、原作には無かったアニーとウォーバックスの出会いを描いたミュージカルを制作しました。

そして1977年、ミュージカル『アニー』がブロードウェイに登場します。
アルヴィン劇場(現ニール・サイモン劇場)で幕を開けた本作は、開幕直後から話題となり、劇中歌『トゥモロー』が大ヒットするなど、空前の人気を博しました。
この年、アメリカ演劇界最高の賞といわれるトニー賞でも、作品賞をはじめとする7部門を受賞し、ミュージカル史に燦然と輝く名作となりました。

以降、1983年までの6年間で2,377回に及ぶロングラン公演を記録。その人気は衰えることなく、世界各地で繰り返し上演され、ラジオドラマ化、映画化もされました。

日本では1986年4月に日本テレビ主催による公演が青山劇場でスタートして以降、34年にわたり続いています。
2017年に演出家・山田和也氏を迎え、舞台美術や衣装も一新、新たな魅力の舞台が誕生しました。
総上演回数は1,828回となり、全国で約176万人を超える皆さまにご覧いただき、まさに国民的ミュージカルとなりました。

シェアする