アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。

「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、
ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。

ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。

さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、
およそ250点でミュシャ様式の流れをたどります。

時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展です。

OUTLINE

展覧会名
みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ―線の魔術
会期
2020年4月25日(土) - 6月28日(日)
会場
名古屋市美術館
〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-25〔芸術と科学の杜・白川公園内〕
TEL:052-212-0001 FAX:052-212-0005
開館時間
9:30-17:00
※金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日
毎週月曜日、5月7日(木)
※5月4日(月・祝)は開館
主催
名古屋市美術館、ミュシャ財団、中京テレビ放送、読売新聞社
後援
チェコ共和国大使館、チェコセンター、チェコ政府観光局
協賛
大成建設、光村印刷、損保ジャパン日本興亜
協力
日本航空、日本通運
企画協力
NTVヨーロッパ

[トップ作品画像]
アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》(部分)
1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019