いつだって猫展

みどころ

これまでなめ猫、ひこにゃん…、たくさんの猫のキャラクターが世間を席巻してきました。最近でいえば、猫の写真や猫の妖怪が大人気ですね。

そもそも猫は、古来より日本人が愛玩し、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで物語や絵画に描かれてきましたが、特に江戸時代後期には現代と同じように「猫ブーム」がたびたび到来し、歌舞伎や合巻本、浮世絵の画題に多くとりあげられました。そこに登場する猫たちの姿は実に変幻自在です。ときには美人の魅力を増幅させるマスコットとして、ときには恐ろしい妖怪として、はたまた人間のような姿で、さらには福を招くシンボルとして縦横無尽に江戸の世界を駆けめぐっています。

本展では浮世絵を中心として、江戸時代に巻き起こった「猫ブーム」の諸相をご紹介いたします。200年前においても「猫ブーム」が繰り返し生み出されていることに驚くとともに、私たちが猫に抱くイメージの多様性に改めて気づかされることでしょう。自由奔放な姿に思わず笑みがこぼれ、猫好きはもちろんのこと、そうでない方も愛らしい江戸猫のとりこになること請け合いです。

ええ、いつだって私たちは猫に夢中なのです。