いつだって猫展

みどころ

  • 章の詳しい説明はこちら

    • 江戸時代末期から明治時代にかけて、子どもの手遊びとした簡易な浮世絵「おもちゃ絵」が大量に生産されましたが、そのなかで猫を題材としたものが多く残っています。これらを見ると、猫がいかに子どもたちに愛される動物であったかということがよく分かります。「おもちゃ絵」に見る猫の世界をご覧いただくとともに、一部のおもちゃ絵を復元し、その楽しさを体感していただきます。

小林幾英「新板猫の勉強学校」
明治中期 個人蔵

学校の様子を猫を擬人化して描く。3段目、体操の授業で、運動する猫の愛らしさといったら!

「猫鼠十六むさし」 明治 個人蔵

猫と鼠を題材にしたボードゲーム。中央に置かれているのが猫。まわりを取り囲むのが鼠。

「大新板猫のいしよう付」明治前期 個人蔵

猫の着せ替え人形、いや、着せ替え猫形(にゃんぎょう)といったところ。
女性、男性、娘、子どもの男女の着せ替えができるようになっている。洋装があるところに時代を感じる。