• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

“イケメンゴリラ”の次は“モップくん” 日本で3頭のみ飼育 SNSで人気に火がつき写真集まで 愛知・犬山市

報道局
愛知 特集 2021/05/04 18:50

東海地方で有名な動物といえば、名古屋・東山動植物園のイケメンゴリラ「シャバーニ」。写真集が販売されるなど話題を呼びましたが、また別の動物が人気急上昇です。実は、日本で飼育されているのは3頭だけという希少な動物で、ついに写真集まで発売することに。人気に火をつけたのは、飼育員がSNSに投稿した“何気ない日常の光景”でした。

 

愛知県犬山市の日本モンキーセンター。観察日記をつけているという飼育員の根本慧さんが、案内してくれました。

「こちらがモップくんです」(根本さん)

大人気の動物は、シロガオサキというサルで、名前はモップくん。17歳のオスです。

 

根本さんは、モップくんの動画や画像を、ほぼ毎日ツイッターにアップしています。

「たくさん面白い動きがあったので、それをどうにかあげる場所がないかと思い、ツイートなどでどんどんあげていこうとなりました」(根本さん)

人気の理由は特徴的な見た目よりも、日頃の行動にあるというのです。

ある日の投稿では…。

『黒くてもふもふしたヤツが落ちていました。カツラかと思いました。内側はこうなっています。』(根本さんが投稿した日本モンキーセンターツイッターより)

うつぶせで、顔を隠せば頭のつむじがみえてかつら!に変身。

そして、おしり振ったり、しっぽを振ったりする姿で『本当にサルなの?』というなんともユニークな動きが特徴です。

 

モップくんの何気ない動きにつける根本さんのつぶやきがおもしろく、いつしか注目を浴びるようになったといいます。

モップくんの人気は広がり、4月の誕生日にはイチゴやビワなどの高級フルーツが全国から届き、豪華プレートまで制作されました。

「(園内は)900頭サルがいるが、モップくんは一番ご寄付で、いろんな果物をもらっていると思います」(根本さん)

 

そして、なんと今年4月にモップくんの写真集まで発売されました。なぜ、モップくんに注目したのか、出版社に聞いてみると…。

「ファンの方が盛り上げようとしている熱気ですね。インパクトはありました、表紙にしたときに。例えば自分が本屋さんにいって、この本が平積みされていたら、コレなんだろと思うかなと」(blueprint 松田広宣さん)

4月23日に発売されたばかりですが、出版社は早くも手応えを感じているといいます。

「初動は非常に好調です。このままの勢いで売れ続ければ、増刷の可能性もあります」(blueprint 松田広宣さん)

 

数多くいるサルの中で、飼育員の根本さんが特にモップくんにこだわる理由。それは…。

「日本で飼育されているのは3頭だけ。しかもすべて雄。シロガオサキはいずれ日本の動物園では見られなくなる動物。モップくんがいるうちにシロガオサキをたくさんの人に知ってもらえればと思います」(根本さん)

この人気ぶりを知ってか知らずか…きょうも自由気ままにポーズをとるモップくんでした。
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ