• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

「3回目のワクチン接種こそ重要」 接種率が低い若者へ専門家が提言

報道局

18歳から19歳が19.1%、20代が21.76%、30代が22.73%。

これは、愛知県の新型コロナワクチン3回目の接種率です。65歳以上の接種率は86.3%(いずれも4月8日時点)となっていて、若い世代で3回目の接種が進んでいないことが鮮明となっています。

感染者数が下げ止まるなか、3回目接種は重要なのか、そして、4回目以降の接種も必要となるのか。まん延防止等重点措置の適用などを審議する国の分科会のメンバーでもある、三重病院・谷口清州院長に話を聞きました。

 

Q.なぜ、感染者数が下げ止まっているのか?

オミクロン株という感染性が高い変異株による影響は大きいですが、ワクチンを2回打った後の抗体価が下がっていることと、人と人との接触が増加したことの2点が、下げ止まりの要因だと思われます。

実際の感染者数は、報告される人数の数倍は地域に存在していると考えられます。つまり、今はどこにでもウイルスがいるという状況だと思われます。

 

Q.「第7波」に入っている?

「第7波」というのはあくまでも言葉の問題であって、明確な定義はありません。みなさんがご存じのように、すでに第6波は下げ止まって上昇に転じています。それを「第7波」と呼べば「第7波」になります。

少なくとも現在の状況は下げ止まり、上昇に転じつつあることだということだと思います。

 

Q.若い世代の3回目の接種率が低いのは?

3回目の必要性が十分に理解されていないこと、2回目の接種で発熱などがあったので、副反応が起きると困ると思っている、この2点が理由ではないでしょうか。

 

Q.3回目の副反応の傾向などはあるか?

接種2回目と3回目の副反応で、発熱された方の最高体温を見ると、全体的に3回目の最高体温が低い傾向にあります。この調査結果は三重病院のホームページにも掲載しています。

2回目で熱が出なかった方が、3回目で熱が出ることもありますが、2回目で副反応が強かったから、3回目も強いとは限らないということを理解していただく必要があります。

 

Q.3回目接種の必要性は?

3回目を打つことによって、2回接種した後よりも抗体価が上がります。さらに3回目の接種で、広範囲の変異株に対する免疫がつくということが報告されています。2回でつけた免疫を、さらに完璧なものにするために3回目が重要なのです。
 
せっかく2回接種されたのであれば、3回目を打って完成していただくのがお得だと思います。

 

Q.4回目接種という話も出ている。いつまでワクチンを打ち続ける必要がある?

今のコロナウイルスというのは、極めて変異しやすい状況にあります。今後も変異していくリスクがあります。今のように、人に感染しやすいが症状は軽く、人と共存していく方向に向かうのであればいいのですが、突然変異をして病原性が高くなってしまう、というリスクもゼロではない。もしもそうなると、これは2年前の1月に、振り出しに戻ってしまうわけです。そうすると今後も継続的なワクチン接種が必要になってくだろうと思います。

ただ、これがより人に共存する方向にのみ変異してくれるのであれば、いったん獲得した免疫、つまり、免疫記憶が通用する限りは、そんなに頻繁に打たなくてもいいかもしれない。今後のワクチン接種は、このウイルスの変異に大きく依存するということになります。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ