• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

“手ぶら化”進む保育園 おむつのサブスク・洗濯代行などで保護者の負担“軽減”目指す 名古屋市

報道局
特集 愛知 2021/08/25 17:00

保育園の子どもの送り迎えで大変なのが、たくさんの荷物。そんな保護者の負担を減らそうと、名古屋市内のある保育園では“手ぶら化”が進んでいます。おむつの定額利用サービスや布団などの洗濯代行サービスなどを提供する保育園もあり、今、保育園の利用の仕方も選択肢が広がっています。

 


名古屋市中川区のとある保育園。月曜日の朝、大きな荷物を持ち、子どもを抱っこしながら保育園へと急ぐお母さんたちの姿が。

「重すぎて、右手17キロ、左手何キロ?みたいな。もう地獄、朝が来た!やらなきゃ!みたいな」(子どもを園に送る保護者)

 

別のお母さんに、この日の持ち物を見せてもらうと…。

バッグの中には、着替えにおむつ2枚、食事用のエプロンと昼寝用のズボン、水遊びのタオルなど。そのほかに、お昼寝用の布団と盛りだくさん。

保育園へは、たくさんの荷物を持っていくのが当たり前になっています。

 

しかし、名古屋市緑区にある小規模認可保育所「ラブクローバー神沢」では、お母さんたちに持って来てもらわなくても、“手ぶら”で登園できるように体制を整えたといいます。

「(着替えは)常に2~3着ストックが置いてある。いつも1セット、家から持ってくる感じです。ほかの荷物はないです。おむつとかがないので」(保護者)

 

実はこの保育園では、今年4月から“おむつのサブスク”サービス(定額利用)を開始。

月々2508円の追加料金で、おむつを保育園にお願いすることができます。

おむつ1枚1枚に名前を書く手間もかからず、使用したおむつは園で処分するため、持ち帰らなくてもいいんです。

現在、おむつをしている園児10人中6人が、このサービスを使っているといいます。

 

また、名古屋市東区にある小規模認可保育所「めいてつ保育ステーション 砂田橋ぽっぽ園」では、おやつの時に使ったエプロンの水洗いをしてくれるサービスも。

月々2200円で、園児の着替えのほか、お昼寝の布団や敷きパッドなどの洗濯を代行してくれるんです。

このサービスは、17人中12人が利用中。なんと7割以上の利用率。

「洋服を園の中で洗うことで、外の汚れや菌を家の中に持ち込まず、安心という声もいただいています」(名鉄スマイルプラス マネージャー 伊藤曜さん)

 

利用する保護者はー
「手ぶらで来られるのが楽です。仕事の準備だけでよくて、朝、慌てなくていいのでありがたいです」
「子どもと一緒にゆっくり過ごせる時間ができてとても感謝しています」

今、保育園の利用の仕方も選択肢が広がっています。
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ