• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

虚偽と判明 岐阜・東濃地方で出回った「新型コロナの感染者が中津川市の飲食店に来店した…」との文書

報道局

 中京テレビに届けられた1枚の文書。そこにはこんな文章が。

 「恵那保健所から情報をいただきましたので展開致します。数日前に飯田市在住者(20代)が新型コロナウイルスに感染しました。その方は、中津川市の「●●(特定の飲食店名)」で飲食し、その後、「●●(特定の店舗名)」で遊技したとのことです。」

 さらに、後半には、注意喚起や感染予防策など一見もっともらしい文章が書かれている。

 岐阜県中津川市や恵那市など東濃エリアで、今、こんな文書がメールやラインなどで広まっているという。

 

 中京テレビが恵那保健所に確認すると「そんな情報は出していないし、感染者が当該飲食店を訪問したという事実も把握していない」との回答が。この文書が虚偽であることが分かった。

 名指しされた店の従業員は、こうした虚偽文書に怒りを露わにした。

 「かなり悔しい思いがしました。間違った情報で安心はあったんですけどお客さんで信じる人も多いので。記事が出回った時期からさらに(客が)減っているという感じです」(デマの文書で名指しされた店の従業員)

 中津川市では、名指しされた飲食店とは別の店でも風評被害を被っているという。別の店のオーナーは。

 「デマが出たその日の夜から予約のキャンセルが結構多く入るようになってしまって。人数で言うと50名近いキャンセルの人数になるのかなと思います」
 「このデマはひどいなというのが正直な気持ちです。20~30万円くらいの1日だけで損失は出てるんじゃないか」(中津川市の飲食店のオーナー)

 中津川市内の他の飲食店でも虚偽文書が出回って以降、軒並み同様の状況に陥っているという。

 こうした新型コロナウイルスに関連するデマの文書、東濃地方以外にも、飛騨市や三重県松阪市などでも出回っているということで、自治体が注意を呼びかけている。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ