• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

中央線の新型通勤車両「315系」デビュー 最新技術搭載の車両に鉄道ファン“大興奮” 休日の早朝に多くの人が集まる JR東海

報道局
特集 愛知 岐阜 三重 2022/03/07 19:00

3月5日、JR東海の最新車両がデビューし、多くの鉄道ファンの注目を集めました。一見、普通の車両に見えますが、実は、最新技術が搭載された、すごい車両なんです。


デビュー当日の朝6時ごろ、JR高蔵寺駅には、休日の早朝とは思えないほど、多くの人が集まっていました。

「3時半に起きました」
「京都から来たんですよ。もう楽しみですよ!2年前からずっと楽しみにしていました!」(鉄道ファン)


みなさんが心待ちにしているものは、高蔵寺駅から少し離れた神領車両区にありました。

真っ暗な線路沿いを歩いていくと、現れたのは、この日、中央線で“初運行”を迎える、JR東海の新型通勤車両「315系」です。


従来の車両より、格段に快適性が向上したという、この車両。

入り口などは段差の少ないバリアフリーに。

そして、JR東海としては初の、紫外線と赤外線を99%カットするガラスを採用。



さらに、車内の冷房は、AIが自動で最適化する技術を国内初導入。

また、事件や事故に備えて、防犯カメラを1両に5か所設置。セキュリティー強化も行われました。


そんな最先端の車両をデビューに向け整備してきたのが、鹿野さんと岩間さん。

「新しい車両なので、検査態勢が今までにない態勢。メンバーと一緒に準備を進めてきました」(整備・点検など担当 鹿野祐樹さん)
「自信を持って、お客さまに乗車していただける車両となっているので、うれしい気持ちでいっぱい」(整備・点検など担当 岩間大樹さん)


インタビューでは少し緊張ぎみでしたが、いざ、車両の話になるとー。

「溶接箇所を従来の台車より減らした、安全性が向上した台車です」
「既存車と比べて、いろんな機器が二重系化されていて、万が一、機器が不具合が起きたときにも安全にお客さまを乗せられる」(岩間さん)

さすが、整備担当者。スラスラと言葉が出てきます。


午前5時56分。鹿野さん、岩間さんたちが整備した車両が本線へ。

そして、午前6時すぎ、鉄道ファンが待つ高蔵寺駅に到着。

電光掲示板は、「回送」から初めて「名古屋」と行き先を表示。初運行の扉が開きます。

「新車のにおい、最高やん!」(鉄道ファン)

鉄道ファン大興奮の中で始まった新型車両の運行。今後、段階的に運行本数を増やしていくということです。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ