• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

【衆議院解散】愛知15区(豊橋市など)自民vs立憲vsれ新の三つどもえ 解散で事実上選挙戦スタート [10月15日放送]

報道局
愛知 特集 衆院選 2021/10/15 16:00

14日、岸田総理就任からわずか10日後の解散。すべての衆議院議員が失職しました。今回の選挙は解散から投開票までが17日間で“戦後最短”の短期決戦となっています。

 

解散からわずか4時間後。愛知県の豊橋市内の交差点に現れたのは、愛知15区・立憲民主党の関健一郎さん。 

「このままでよければ自民党、改革しなきゃいけなかったら私に投票していただきたい。こう訴えてきたい」(前職・関健一郎 氏(立憲))

 

解散に向けての“決意”は地元の祭りで固めていました。今月9日、法被姿に身を包んだ関さん。気の知れた町内の住民が集まり、行われるのが豊橋が発祥の地といわれる手筒花火です。

前回の選挙は小選挙区で敗れたものの、比例での復活当選。花火に次の選挙への“思い ”を込めます。

「ここから戦闘モード。戦いの“のろし”って言うんですかね。そういうイメージで位置づけてやっています。きっちり勝たなきゃいけないと思っています」(前職・関健一郎 氏(立憲))

 

一方、同じ選挙区の自民党・根本幸典さん。こちらも解散前から着々と準備を始めていました。

今月7日、コロナ禍に集会を開催するため感染対策は欠かせません。

3期連続の当選を果たしながらこれまでにない”変化”を模索していました。

「今までは“堅い”感じでやっていたんだけど、もうちょっと“フランク”なしゃべり方をした方が伝わるんじゃないのと。ぜひスティーブ・ジョブズばりの私のプレゼンをお聞きいただければと」(前職・根本幸典 氏(自民))

プレゼンのイメージはスティーブ・ジョブズ。壇上を動きながら身振り手振りを加え伝わりやすさを重視。

 

2つのホールを貸し切り650人の前で政策を語ります。

 

「選挙が終わったら、大型景気対策補正予算を組んで、中小企業、個人をしっかり支える政策を打っていきたい」(前職・根本幸典 氏(自民))

イメージの刷新を図り、選挙戦に向け弾みをつけたいかたちです。

 

今月10日、慌ただしく会場の設営を行っていたのは、れいわ新選組の菅谷竜さん。

代表の山本太郎さんが応援に駆けつけると、参加者から愛知15区で野党一本化を求める声が…

「すべての選挙区を一本化するのは無理。すべての政党の認識です。自分たちから店じまいはしません」(れいわ新選組 山本太郎 代表)

愛知では政党間で一本化の議論がないと話し、可能性を否定しました。

「れいわ新選組の支持は拡大していかないといけないですので。少しでもれいわ新選組を広めていくことに専念していきたい」(新人・菅谷竜 氏(れ新))

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ