• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

大量のムクドリによる“フン害” 各地で対策に試行錯誤 名古屋だけでなく、三重・四日市でも―

報道局

 名古屋市が頭を抱えている、大量のムクドリによる“フン害”。

 騒音やフンとの戦いは名古屋だけでなく、三重県四日市市でも起きているようです。


 名古屋市の名古屋駅にほど近い幹線道路沿いに、夕方になると、どこからともなく現れる“ムクドリ”の大群。

 名古屋市の様子を報道したあと、中京テレビ「あなたの真ん中取材班」に「四日市でも同様の事態が起きています」と情報提供がありました。


 連絡をくれたのは、四日市市在住の女性です。

 仕事帰りに毎日、ムクドリの群れを目撃し、どっと疲れがでるそうで…。

「日に日にどんどん増えてきまして、9月末くらいからは、空が暗くなるくらい、飛んで。怖くなってきて、どうにかできないかと思っています」(連絡をくれた四日市市在住の女性)

 特に女性が気になっているのが、大通りの中央分離帯にあるクスノキの周辺。そこには多くのムクドリがいました。

 

 ムクドリが飛び始めた夕方5時ごろ、甲高い鳴き声とともにどこからともなく現れ、15分ほどで群れはどんどん大きくなり、空が黒く覆われる事態に。

 こうした状況は10年くらい前から目立ちはじめ、四日市市は、ムクドリの天敵「鷹」を放つなどして、対策を講じてきました。

 ある程度の効果が出ているそうですが、まだまだ、困りごとは続きそうだといいます。

 

 一方で、「放鷹」とは違った方法を編み出した自治体も。

 静岡県浜松市では、LEDライトを使って追い払う方法を考案。

 10月13日に行われた実証実験では、ライトの光にムクドリは逃げ出し、効果てきめんだったということです。

 ムクドリの群れの発生に、各自治体が、あの手この手で対応していますが、今後も悩まされそうです。

 

 

 中京テレビ「あなたの真ん中取材班」では、皆さんが暮らしの中で感じた疑問やお悩みを取材し、よりよい社会の実現を目指しています。詳しくは「あなたの真ん中取材班」ホームページをご覧ください。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ