• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

住民を悩ませていた大量のムクドリの“フン害” 最も有効だった方法は「木の幹をたたく」

報道局
特集 愛知 2020/10/14 18:30

 名古屋市の名古屋駅にほど近い幹線道路沿いの木に、3年前から大量のムクドリが飛来し、近隣の人たちは“フン害”などで困っています。

 しかし、ちょっとしたあることで、ムクドリが木に止まらなくなったというのです。

 

 ムクドリの被害を受けていたのは、3本の街路樹の前にある自転車店。

 約200羽が止まり、フンなどに悩まされていたといいます。

 

 実は去年、住民の苦情を受けた名古屋市が、自転車店のビルの屋上に“ムクドリの天敵”ワシの模型を設置。

 すると、ムクドリは街路樹に止まらなくなりましたが、半年ほどで再び集まるようになり、あえなくワシの模型は約一年で撤去されました。

 では、今回はどのような対策を取ったのでしょうか?

 

 10月13日夕方。空にはムクドリの大群が。

 次々と木に止まり始めました。

 しかし、自転車店の前にある3本の木には止まらず、そこから50メートルほど離れた木々に止まったのです。

 

 実は、自転車店の前の木に止まらないよう、去年から木の幹をたたく対策を続けているのです。

「音と震動だと思います。たたくことで、その音でムクドリが止まりに来ないということがわかりました」(名古屋市 中村土木事務所 近藤多希 係長) 

 多いときで、月に3回、木をたたくために職員が訪れているといいます。

 これまでさまざまな対策を取ってきましたが、今のところ、木をたたくことが最も有効なようです。


中京テレビ 「キャッチ!」 10月14日放送より
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ