• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

東京五輪「聖火リレー」 5日から愛知でスタート 週末は岐阜を巡る

報道局
愛知 岐阜 三重 スポーツ 2021/04/05 11:30

3日から2日間、岐阜を巡った東京オリンピックの聖火リレー。5日からは愛知を巡ります。

 

3日、東海3県で初めて岐阜に入った聖火リレー。

中津川市では、名古屋市出身で、「日本大正村」の村長・俳優の竹下景子さんが第一走者を務めるなど、地元ゆかりの人たちが聖火をつなぎました。 

 

八百津町では、可児市在住で、病を抱えながらタレント活動をする塚本明里さん。

郡上市では、岐阜県図書館の名誉館長を務める俳優の紺野美沙子さん。

関ケ原町では、ドラマで石田三成を演じたことがある俳優の山本耕史さん。


4日夜には、聖火がランタンに移され、岐阜市の金華山をロープウェイでのぼり、岐阜市出身の俳優・伊藤英明さんによって山頂の岐阜城へ。

その後、雨の中、岐阜市出身の女子マラソン金メダリスト・高橋尚子さんにつながれ、岐阜での聖火リレーが終わりました。

「ここで生まれ育っていつも走っていたコースを走ることによって、当時を思い出したり、たくさんの方に支えられ応援していただいたことを改めて感謝の思いを持って走りました。」(高橋尚子さん)

 

そして、5日午前10時すぎに“焼き物の街”瀬戸市からスタートした、愛知の聖火リレー。

第一走者は、地元在住の陶芸家・加藤唐三郎さんが務めました。

当初は、瀬戸市出身・将棋の藤井聡太二冠が走る予定でしたが、「将棋に向き合うことが必要」と辞退していました。

 

愛知では、5日は名古屋や春日井など7つの市を、6日は豊橋や半田など8つの市を巡り、7日からは三重での聖火リレーが始まります。

沿道での観覧は、マスクをして周囲と距離を取ることや、大声を出さずに応援は拍手などで行うことが呼びかけられています。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ