• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

新型コロナ 潜伏期間の2週間を超えた感染者を確認 名古屋市

報道局・政経班
新型コロナ関連 愛知 2020/10/19 23:55

 名古屋市は19日、新型コロナウイルスの潜伏期間とされている2週間を超えて陽性と分かった感染者が、複数確認されていたことを明らかにしました。

 名古屋市の河村たかし市長は、19日の定例会見で新型コロナウイルスについて、潜伏期間が10日以上の感染者が、8月と9月の2か月間で19人確認されたと明らかにしました。

 この19人のうち、潜伏期間が2週間を超えている感染者は5人いて、最長で17日間の感染者もいたということです。

 新型コロナウイルスは、一般的に長くて2週間が潜伏期間とされていて、濃厚接触者の健康観察も2週間程度として運用されています。

 市の調査では、健康観察中に他の感染者と接触した可能性は低いとしていて、今後も原因や傾向などを調査していく方針です。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ