• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

「帰りたいけど帰れない」 名古屋の寺に続々とベトナム人が…  コロナ禍で窮地の外国人に救いの手

報道局

 不要不急の外出自粛が全国に呼びかけられているなか、各地から人々が集まるという寺が名古屋にあります。その背景には切実な事情がありました。

 

 名古屋市天白区にある寺「徳林寺」。

「問題が解決するまでね、しばらくみなさん我慢して。コロナの問題はやっかいでちゃんとみんな距離を持つ」(徳林寺 住職 髙岡秀暢さん)

 新型コロナウイルスについて話す住職の横には、通訳をする人の姿が。

 実は話を聞いていたのはベトナム人たち。ある理由でここに集まっていました。

「仕事ない。北海道から来ました。私の仕事はクリーニングです」
「私は滋賀県です。仕事は縫製です」
「沖縄から来ました。仕事は建設業でした。技能実習生です」
「横浜市に住んでいました。仕事はITです」(ベトナム人の人たち)

 新型コロナウイルスによる日本経済の悪化が原因で仕事を失い、突然収入はゼロに。家賃も払えず住む場所を失い、ここにたどり着いたといいます。

「帰りたいけど、お金がありません」
「飛行機自体が飛んでいないので、チケットが買えても帰れないんです」(ベトナム人の人たち)

 ベトナム政府は、感染拡大を防止するために現在、海外に住むベトナム人の入国を制限。帰りたくても帰ることができなくなっているのです。

 彼らが頼ったのが、ベトナムから来日して19年となる在東海ベトナム人協会・副会長のユン・テイ・トゥイ・ユンさん。

 名古屋で人材派遣などの会社をする一方、ベトナム人協会の副会長を務めています。

「先生(住職)はオッケーしてくれたので、フェイスブックで困った人、住むところのない人へ呼びかけました」(在東海ベトナム人協会 副会長 ユン・テイ・トゥイ・ユンさん)

 そこで、徳林寺の住職・高岡秀暢さんが、困り果てたベトナム人たちに救いの手を差しのべたのです。

「いいですか?と言われたから、いいですよと言ったぐらいで。ある意味では当然だし、若い人が来てくれるのはうれしいです」(徳林寺 住職 髙岡さん)

 いま、あらゆる分野で日本を支えている外国人労働者。もはや“なくてはならない存在”です。その数もうなぎ登りで、160万人を超えています。

 しかし新型コロナウイルスの影響で経済が悪化している今、あっさりと雇用を切られてしまっているといいます。そのため彼らについて、「雇用の調整弁」と表現する専門家も。日本で何年も働いてきた彼らですが、政府からの10万円の給付金ももらえないのではないかと不安を口にします。

 

 この日、米や野菜などさまざまな支援物資が集まっていました。この寺では、全て寄付に頼っています。

「この野菜ももらいました。すごくうれしいです。いろんな人に(支援物資を)お願いします。みんなお金がないから」(在東海ベトナム人協会 副会長 ユンさん)

 もともと参拝者のための宿泊施設があったこの寺。4年前に来日したグェンタンタンさん(29)に部屋を見せていただくと。

「この家は無料だから、本当によかったです」(グェンタンタンさん)

 愛知県半田市で自動車関係の仕事をしていたグェンタンタンさん。

「1か月に10万円くらいは仕送りしていた。家族のために日本で我慢して仕事していた」(グェンタンタンさん)

 両親と兄のために仕送りをしていましたが、今、働けないのが一番苦しいと訴えます。

「 (兄が)とても心配している。ベトナムはコロナ(の封じ込めに成功して)大丈夫だから、私が日本にいるので心配しています」(グェンタンタンさん)

 

 寺の手伝い以外は時間を持てあましているというグェンタンタンさん。12人で共同生活し、寄付してもらった食材でご飯を作りますが、寺の台所では肉や魚の調理はできません。

 寺を頼るベトナム人はこの先も増え続け、週末にはさらに6人ほど来るといいます。

 

 日本を支えてきた外国人労働者が窮地に陥っているなか、住職を中心にこの困難を乗り切ることはできるのでしょうか。

 

【「キャッチ!」 5月15日放送より】

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ