• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

“思い立ったら即行動”のスーパー小学生 屋台メシ用“マイトレイ”を開発し「ごみゼロ目指す」 愛知・岡崎市

報道局
特集 愛知 2021/08/26 19:00

この夏、愛知県岡崎市で開かれたイベントでお目見えしたレンタル用の“マイトレイ”。レンタルの仕組みとトレイを考えたのは、ごみ問題に取り組む小学4年生の男の子。開発の背景には、屋台などで使われる使い捨て容器を減らしたいとの思いがありました。

 

思い立ったらすぐ行動に移す、海野碧惟くん(小学4年生)。

小学2年生だった2019年の夏は、お金を貯めて、欲しいおもちゃを手に入れたいという動機から、スーパーボール店の店長として奮闘していました。

 

それから1年半後の2020冬には、おもちゃから一転。なんと“ごみ問題”に取り組んでいました。

愛知県にある岡崎城のすぐそばを流れる乙川。碧惟くんにとって思い出がたくさん詰まっているという大切なこの場所を「きれいにしたい」一心で毎月、川掃除に参加しています。

「(ごみを)とっても、また落とされちゃったりとか、一瞬だけなら減るかもしれないけど」(海野碧惟くん)

川掃除をしても、その翌月には、多くのごみが捨てられていることに気づきました。

 

そこから、“ごみを出さないことが一番大切なんじゃないか”と思いつき、考えたのが“マイトレイの貸し出し”。

イベントや祭りの出店などで使われる使い捨て容器の削減を目指し、何度も使うことのできるマイトレイを貸し出すというものです。

「マイトレイを使ったら“使い捨て容器のごみがなくなる”と思って」(碧惟くん)

 

マイトレイはデザイナーや職人の力も借りて作られ、試作を繰り返すこと実に7回。制作コストや使いやすさも考えて、形が決定。環境のことも考え、間伐材から作るこだわりようです。

まずは、8月に乙川で開かれる川遊びイベントで貸し出すことになりました。

 

イベント当日、会場の一角には、碧惟くんの考えたマイトレイのレンタルブースも。

マイトレイは1回1000円で貸し出し。お客さんはトレイをもって出店を回り、トレイ返却時に500円が返ってくるという仕組みです。

 

突然、出店へ向かって歩き出した碧惟くん。

「マイトレイを持ってきてくれた人に割引とかってできますか?」(碧惟くん)

より多くの人に使ってもらうため、マイトレイを借りた人は、安くお団子などが買える割引を取り入れました。

 

しかし、なかなかレンタル数が伸びず…。

そこで、碧惟くんはマイクを使って、会場内に自らアナウンス。

レンタルを検討している人には、全力でプレゼン。

「これを使うと間伐材も使えるし、ごみも減らせるし」(碧惟くん)

 

必死のPRで使ってくれるお客さんが増え、スタートから約2時間後には、用意した30個のトレイは残り9個に。

イベント終了までには、すべてレンタルされました。

 


「これだけ来てくれると思った。ずっと期待していたから。みんなが毎回イベントがあると(マイトレイを)持ってくる、マイバックみたいになるといいなと思ってる」(碧惟くん)

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ