• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

ママ友3人で始めた“食器レンタル” 毎月交換・定額制で人気 コロナ禍で起業する主婦が急増のワケ 

報道局

コロナ禍で、家で食事をする機会が増え、食卓がマンネリ化したという人も多いのでは。そんな食卓を楽しくしようと、“食器のレンタル”が人気となっています。そのレンタル業を始めたのは、主婦のグループ。実は、コロナの影響で、起業する主婦が急増しているんです。

 

聞きなれない“食器のレンタル”。始めたのは、名古屋市千種区にある「シューニャリティ」。
社長の近藤陽子さんは主婦で、去年11月、ママ友ら3人で会社を立ち上げたといいます。

「この器が毎回変わったり、新しいものだったら、もっと料理が楽しくなるなと。(器には)すごくおいしそうに手間をかけた感じになるマジックがあるなと思っています」(シューニャリティ 近藤陽子 社長)

 

不安ばかりが募るコロナ禍で、楽しいことはないか考えて目を付けたサービス。
9皿のセットが7種類。毎月交換できる定額制で、料金は1セット3000円から。

使われた食器はクリーニングと消毒をして、次の月には、別の家庭で使われる仕組みです。

 

起業セミナーを主催する三上さんによると、コロナ禍で、オンラインを使って会社を立ち上げる主婦が増えているといいます。

「1回目の緊急事態宣言が起きてから、旦那さんのお給料が下がったり、主婦自身のパートのシフトが減らされて、世帯収入の減少と、今後、この状況が続くかという不安から、起業される方が多いですね。今年に入ってからは、おととしと比べると(主婦から)30倍ぐらいの相談が来ていますね」(起業セミナー主催 三上未央さん)

 

近藤さんの会社では、宣伝や情報共有は、ホームページとSNSを駆使します。

「SNSで気づいた人が、また発信してくれて、その知り合いがいいねという流れがある」(シューニャリティ 近藤社長)

 

SNSを通じて口コミで広がり、現在、東北から関西まで利用者がいるといいます。

「毎回の器ごとが入れ替えられる楽しみがあります」(シューニャリティ 近藤社長)

 

実際に毎月サービスを利用している、名古屋市緑区に住む太田健一さん、恵梨さん夫妻。

食器をレンタル利用し始めた理由には、新型コロナの影響があったといいます。

「外食を控える流れになって、自分の中でさみしくって。毎月、違う食器セットを届けてくださると新しい出会いがあって、食卓がハッピー、心がハッピーです」(恵梨さん)

 

週末は、自宅でちょっとしたごちそうを作るのが楽しみだという太田さん夫妻。

健一さんが料理の腕を振い、恵梨さんがお皿を並べます。

「器、大好きですね。器によって食卓の雰囲気ががらりと変わるところがすごく好きです」(恵梨さん)

 

できた料理の写真を早速SNSにアップ。見てほしいのは料理ではなく、食器だといいます。

「コントラストとか、旬の食材がおいしそうに見えるのがいいと思って、(ほかの人に)見せたくなっちゃいます。ぜひ、このすてきなお皿を見てほしいと思って」(恵梨さん)

 

主婦が身近なところから目を付けた食器のレンタルビジネス。

孤独になりがちなコロナ禍で、楽しい生活と、新しいコミュニティーをうみだしているのかもしれません。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ