• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

高校生が“集大成”となるナナちゃん人形衣装作りに挑戦 作品には歴代の衣装を使用 愛知・稲沢市

報道局

“名古屋のシンボル”ナナちゃん人形。ユニークな衣装姿がお披露目されると話題にのぼりますが、その衣装を15年間作り続けてきた愛知県の高校の生徒たちが“集大成”となる衣装を作成。完成までの道のりを取材しました。

 

2020年12月。「服飾を学ぶ女子高校生が、これまでの集大成となる一着のドレスをデザインし制作します」と、中京テレビ「あなたの真ん中取材班」にメッセージが。メッセージの送り主は、愛知県稲沢市の愛知啓成高校の先生。

さっそく高校へ取材に行くと、中庭に、全長3メートルもある、大きな衣装がたくさん並べられていました。

実はこの衣装、“名古屋のシンボル”ナナちゃん人形の衣装なんです。

作ったのは同校の生活文化科の生徒たち。名鉄百貨店とともに、未来のデザイナー育成を目的に衣装づくりを行ってきました。

2005年から作ってきた衣装は全部で15着。有松絞りを使ったものや、白菜をイメージして作られた衣装もあります。

 

作業を見せてもらうと、これまでの大事な衣装にはさみを入れ、バラバラにしています。大丈夫なのでしょうか?

 

「今までの衣装が15個あるわけじゃないですか。思い出だから、全部入れちゃえーって」(デザイン担当 田畑紗穂さん)

実は、生活文化科は、今の2年生を最後に新入生の入学募集を停止。そのため、衣装づくりも今回が最後になり、歴代15着のパーツを使ったデザインにしたといいます。

「昔の先輩たちの思いとか、いろいろ感じさせられます」と田畑さん。衣装からパーツを切り取る手にも力が入ります。

 

切り取ったパーツはデザインに合わせて配置するのですが、悩んでいるのは胸元の部分。緑色のトゲトゲのパーツと、紫色の丸いパーツの配置が気になるようです。

 

大きな衣装は遠くから見ることも大事だそうで、机の上からデザインを確認。納得がいくまで、何度も場所を変えて悩みます。

「(15年間)ずっとかわいい感じだったから、ちょっとカチっとしたかった」と田畑さん。目指すは“スタイリッシュでカッコイイ”衣装です。

作業は年をまたいで続けられました。

 

そして、いよいよ、ナナちゃん人形に衣装を着せる日。とても大きいため、専門業者が着せていきます。

下から見たときに、少しでもキレイに見えるように、高さやパーツの向きなどを細かく調整します。

 

1時間後、着付けが完了しました。今年のテーマは「想い出 縁」。

土台に黒の布地を使ったのは「かっこよくしたい」という田畑さんのこだわり。スカートのすそには、2016年の衣装の大きな白いリボンをレイアウト。

悩んでいた胸元のデザインは、全体のバランスを考えた先生の指導で、紫色の装飾を際立たせる形になりました。

 

約1か月、試行錯誤を繰り返した衣装がようやく完成。

先輩から受け継がれてきた15年の思いを最後につむぐ大役を果たしました。

「机においているのと、ナナちゃんに着せるのが全然違う。見た人が『すごいなぁ』となったらいいかな」(田畑さん)

展示は今月19日までです。

 

 

中京テレビ「あなたの真ん中取材班」では、皆さんが暮らしの中で感じた疑問やお悩みを取材し、よりよい社会の実現を目指しています。詳しくは「あなたの真ん中取材班」ホームページをご覧ください。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ