• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

【戦後75年特集】コロナ禍の自粛警察 重なる戦争中の日本人「簡単に一定方向に流される国民性変わらず」…伝え継ぐ「戦争の記憶」

報道局

 コロナで変わってしまった私たちの行動。

「旅行に行けない。『なんでコロナなのに出かけているの』と言われるので」
「映画館とかに行ったら 悪者みたいになってしまう気がして…」
「もちろんコロナウイルスも怖いですが、感染するよりも人の目が常にあるというのが怖い」(街の人)

 コロナに感染するよりも怖い「他人の目」。

 SNSなどでは、「この時期に遊びに行ってバチがあたりましたね」、「コロナ家族出ていけ」、「自粛してください」などと他人に自粛を強要し、誹謗中傷や嫌がらせをする行為、いわゆる“自粛警察”が横行。

 周りと違う行動が許されないこの雰囲気、“あの時代と同じ”だと危惧する人が。

「戦争のためならお互い頑張ろう。『あなたは頑張っておらんじゃないか』と。今のお互いの監視の目も、一つに固まる目になっていったら怖い。それが一番怖い」(戦争体験者 坂下行雄さん)

 戦争体験者が気づいたコロナ禍の現代人と戦時中の日本人との恐ろしい共通点。それは一体…。

 

 ことし7月。岐阜県高山市、我々が訪ねたのは、元中学校教諭の坂下行雄さん(88)です。

「『戦争が始まったぞ。真珠湾攻撃で日本は勝った』と」(坂下行雄さん)

 1941年12月の太平洋戦争開戦の知らせを聞いた時、9歳だった坂下さん。  

 戦時中の記憶の中で、強く残っているのは…。

「戦争のためならお互い頑張ろう。『あなたは頑張っておらんじゃないか』と。そういう監視の目はあったんでしょうね」(坂下さん)

 

 “住民同士による監視の目”。実は、その背景には国が作ったある制度の存在がありました。

 それは「隣組」。1940年に正式にできたこの制度では、国民は、約10軒を1グループとする「隣組」に組織されました。

 防空演習などに加え、食料配給も隣組単位で行われ、配給の日時、場所の通知から実施まで、大きな役割を果たしました。

 

 隣組が担っていたもう一つ大きな役目は、住民同士の監視でした。

「僕は子どもでしたので、母親が一番つらかったです。どうしても国に出さなければならない、供出米を出す時。割り当てが来るんですね。(近所同士で) 『あそこはおかしい、もっと出せるはず』、 『あそこの家はもっと少なくてもいいんじゃないか』って」(坂下さん)

「ぜいたくは敵」だというスローガンのもと、お互いに向けられた監視の目は、国の政策に協力しない“非国民”をあぶり出す密告社会につながったといいます。

 

 愛知県図書館には、実際の密告内容が分かる資料が所蔵されていました。

 当時、政治・社会運動を厳しく取り締まった警察組織、特高警察の月報。

 中には、住民の誰がどんなことを言ったか、詳細な記録が残っていました。

 

 長崎県佐世保市に住む51歳の男性が近所の銭湯で嘆いた一言。入浴中に居合わせた人たちが聞いていました。

「自分の子どもはシンガポールで戦死したと通知があったが、国家のためとはいえ親の身として泣かずにいられるもんか」(1942年1月「特高月報」より)

 この発言が反戦的な内容だったとして男性は、数日内に逮捕されました。

 

 当時、人々は、なぜ、このようなことをしていたのか…。坂下さんはこう話します。

「自分が嫌なことをやっているんだから、他の人にも嫌なことを我慢してやってほしいとか、同じになってもらいたい。自分の苦しみと同じように、相手にもなってほしいという気持ちがあるんじゃないでしょうか」(坂下さん)

 

 今年5月。名古屋の大須商店街。

「『大須商店街はけしからん』、『店を閉めなさい』というクレームのメールや電話が入っています」(大須商店街連盟 堀田聖司 会長)

 愛知県が1回目の緊急事態宣言下にあった時、商店街では時短営業などルールを守って営業していたにもかかわらず、クレームの電話やメールが相次いだといいます。

「みなさんが自粛疲れで、イライラしているところがあると思う。それが我々の商店街にも向けられている。やはり生活のためにも店を開けなきゃいけない。この思いを分かっていただきたい」(大須商店街連盟 堀田会長)

 

 さらに、愛知県警では、自粛に関する「外でカップルがいちゃついていますよ」、「公園で親子が遊んでいた」という内容の110番通報が。

 県警に4月から5月にかけて寄せられたコロナに関する110番通報は、約400件。そのうち、半分以上がいわゆる“自粛警察”の内容だったといいます。

 

 他人と違うことが許されない雰囲気が漂う日本。

 私たちは、あることを再認識する必要があると専門家は話します。

「自分たちで判断せずに簡単に一定方向に流されてしまう国民性は、戦前も今も変わっていないように私に見受けられます」(志學館大学 茶谷誠一 教授)

 日本人の上の言葉に無批判的に従い、周りの空気に流されてしまう、いわゆる「同調圧力に弱い」国民性。

 この国民性こそがあの時、あの戦争に突き進んでしまった原因の一つではないかといいます。

 コロナとの戦いの中、求められた理解と協力。

 

 戦後75年の今、体験者が我々に一番伝えたいのは。

「過去の日本の過ちを起こした歴史をもうちょっと勉強し、今の時代のこんなことでは将来どうなるかという疑問を持ち、疑問をもってこの次がどうなるかと読みをしなければいけない」(坂下さん)

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ