• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

抗原検査で陽性と判定された女性が語る夜の街の実態 保健所に10回電話するも「検査はできません」 愛知県

報道局

 今月21日、過去最多となる53人の感染が発覚した愛知県。

「まさに衝撃的な数値だと受け止めている。第2波がやってきたと 認識せざるを得ない」(愛知県 大村秀章 知事)

 大村知事は、感染者数の急増を受け、愛知県が独自に作った指標のレッドゾーンに入ったとの認識を示しました。

 

 そうした中、7月に名古屋市内の繁華街を訪れ、その後、陽性と判定された女性に話を聞くことができました。

「「抗原検査で陽性だったので、100%コロナです」と言われました。本当にまさかという感じでした」(陽性判定を受けた20代女性)

 こう話すのは愛知県日進市に住む20代の女性。

 7月に2回、土曜日から日曜日にかけて中区栄のクラブを訪れました。

 その後、先週火曜日(7月14日)に、発熱や頭痛、けん怠感をともなう症状が出てきました。

 女性は3回医療機関を受診しましたが、検査を受けることができず、21日に別の医療機関を受診し、抗原検査の結果、陽性が確認されました。

「検査を本当にしてくれなくて、保健所にも10回以上電話したが…。“日進市に住んでいて感染する確率も少ない、(検査は)できません”と言われた」(20代女性)

 

 現在の症状については。

「味がしないです、飲み物も。カフェラテを飲んでも水ですね。味覚と嗅覚がまったくない」(20代女性)

 それ以外の症状は落ち着いているといいます。

「(症状が出たのが)先週の火曜日から。(今は)症状はほとんどない」(20代女性)

 

 女性の知人や友人も、発熱等の症状が出ているといいます。その全員で訪れていたのが栄のクラブでした。

「先週ぐらいから(栄の)人はものすごい(多い)ですね。(クラブの)店内は歩けない状態。 人と人が立っていても、触れ合っている感じ。マスクをしている人は1割ぐらいだし、3密ですね、確実に」(20代女性)

 女性は現在、自宅で隔離されている状態だということです。
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ