• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

相次ぐ「レクサスLX」の盗難被害 ハンドルロックを切断、大胆な犯行の瞬間 愛知・西尾市

報道局
特集 愛知 2021/02/05 17:00

愛知県で相次ぐ「レクサスLX」の盗難。

防犯カメラが捉えた被害の様子には、火花を散らしながら“ハンドルロック”を切断する様子も…。


1月27日、愛知県西尾市の会社に設置された防犯カメラの映像には、駐車中の「レクサスLX」の姿がありました。

そこに白い車が現れると、後部座席から1人の人物が降りてきました。別のカメラには、その人物がレクサスLXに近づき、バンパー付近で何かをする様子が。


しばらくすると、鍵がかかったはずのドアが開いてしまいました。

不審な人物が運転席に乗り込み、20秒ほど経ったとき、黄色い光を放つ火花が飛び散りました。

白い車が現れてから約30分後、レクサスLXはそのまま走り去っていきました。


あっという間に盗まれた愛車。被害者の男性は怒りをあらわにします。

「怒りというか、まさかというか、いろいろなことを考えると怒り心頭で」(被害に遭った男性)

 

盗まれたレクサスLXの購入価格は、約1300万円。目の前には車通りの多い道路があるにもかかわらず、人目を気にしない大胆な犯行です。

ハンドルロックに加え、7台の防犯カメラを設置。盗難対策には気をつけていたはずでした。

切断されたハンドルロックを手に、男性は無念な思いを話します。

「これを火花を散らせて、切られたことが本当に残念。人のものをこんなことして、どんな気持ちでやったのか」(被害に遭った男性)


警察は被害届を受理し、窃盗事件として捜査。またタイヤロックや警報音が鳴る盗難防止装置など複数の対策を取って欲しいと呼びかけています。
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ