• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

“フン害”ムクドリだけでなくカラスも 「洗えないところにフンが・・・」神社の屋根にも 対策続く

 名古屋や三重県四日市市で問題となっている、ムクドリの大群による騒音や“フン害”。中には、ムクドリではなく、カラスに悩まされている地域があるようです。

 先日、名古屋や四日市市での“フン害”を報道した後、中京テレビ「あなたの真ん中取材班」に「カラスも大群で押し寄せている場所がある」と情報提供がありました。

 

 訪れたのは、愛知県豊橋市。近所の人によると、日が暮れる時間帯になると異様な光景が見られるといいます。

「ものすごい量、なんでこんなにおるんかなーって」(近所の住民)

 住民が驚いていたのは、カラスの大群です。国道沿いの電線に無数に群がったり、建物や屋根の上にとどまったり、群れで上空を旋回していました。

 

 周辺の住宅などに被害はないとのことですが、カラスの大群は、近くの動物園「のんほいパーク」にも。

 のんほいパークによると、カラスが屋外で飼育している動物をつつくなどのいたずらをすることもあるといいます。

 

岐阜のお寺でも…

 一方、岐阜では深刻な被害が。JR岐阜駅にほど近い、金(こがね)神社。

 黄金色に輝く鳥居が印象的ですが、日が暮れる時間帯の夕方5時半ごろになると、境内の上空にカラスが。

 暗くなるにつれて、どんどん集まってきて、神社の上空を覆いつくほどになりました。

 カラスの群れは旋回したあと、境内の木々にとまっていきます。このカラスが、神社に大きな影響を及ぼしているといいます。

「フン害に困っています。参道の上にも木があり、そこにカラスがとまる。お参りの方が(参道を)歩いていく時に上から(フン)が落ちてきたりする」(金神社 権禰宜 長尾良彦さん)

 境内のいたるところにみられる白い痕跡。これらは、カラスのフンだといいます。境内だけでなく、社殿の屋根や本殿の裏側にある社(やしろ)にもふりかかっていました。

 屋根が汚れると、銅板の色が出なくなるそうで、社殿の高い部分は洗うこともできないといいます。

 神社では、カラス対策として、木にライトを当てて驚かし追い払っています。さらに、鳴らしたのは爆竹。大きな音を出すと、カラスは一気に逃げ出します。

 しかし…。

「効果がありそうですが、すぐに帰ってくるの繰り返し」(金神社権禰宜 長尾さん)

 厳かな雰囲気を汚していくカラスと神社の戦い。このあと、春先まで続くということです。


中京テレビ「あなたの真ん中取材班」では、皆さんが暮らしの中で感じた疑問やお悩みを取材し、よりよい社会の実現を目指しています。詳しくは「あなたの真ん中取材班」ホームページをご覧ください。
 

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ