• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS

こちらでもニュース配信中!
YouTubeでは過去に放送した特集・ドキュメンタリーも!

信号機倒壊の原因は“犬のおしっこ” 科捜研の調査で判明 他の信号機の40倍の尿素を検出 三重・鈴鹿市

報道局
特集 三重 愛知 岐阜 2021/07/14 19:00

三重県鈴鹿市の交差点。地元の子どもたちが利用する通学路にもなっているこの場所で、今年2月、設置されていた信号機が根元から折れました。


幸い、倒れたのが深夜ということもあり、けが人はいませんでした。


通常、信号機の耐用年数は約50年ですが、倒れた信号機は、設置してからまだ23年だったことから警察は原因の調査を始めました。

すると、その結果が“犬のおしっこ”であることが分かったのです。


「信号柱についてその場所から、いろいろ調査した結果、犬のおしっこ等の排せつ等でサビが進んでいると推定しました」(三重県警交通規制課 三尾啓輔 次長)


倒れた信号機の根元の写真を見てみると、地面の下10センチほどがさびているのが分かります。

犬のおしっこに含まれる尿素や塩分などが原因となり、腐食が進んだとみられていて、他の信号機に比べて約40倍の尿素が検出されました。

近所の人は…。
「犬の散歩は多いですね。この辺、犬飼っている人多いから。前、歩いている時に下が腐食していて「この信号機怖いな」と言っていたんです」
「信じられない。犬のおしっこで倒れたのは」(近所の人)


警察は犬の散歩は排せつを済ましてから出かけるようにしてほしいと呼びかけていますが、飼い主からは「犬のおしっこをコントロールすることは難しい」という声も…。

「難しいですね。もう、本人まかせ」
「家でしつけしている方は、ちゃんとコントロールできるけど、外で飼っていると難しい」(犬の飼い主)

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

中京テレビNEWS トップへ