コスチュームジュエリー
コスチュームジュエリー

コスチュームジュエリー
コスチュームジュエリー

 「これは、偽りなく美しい“ニセモノ”のジュエリー」――あえて本真珠と模造パールをあわせて身に着けたガブリエル・シャネルの言葉です。 彼女にとって、素材が何であれ、デザインやスタイルにこそ真の価値があることを表しています。
 コスチュームジュエリーとは、宝石や貴金属を用いず、ガラスや貝、樹脂など多種多様な素材で制作されるファッションジュエリー。 素材から解放され自由なデザインを提案できるコスチュームジュエリーを、20世紀初頭のポール・ポワレが先駆けとなり、以降シャネルやディオール、スキャパレッリなどフランスのオートクチュールのデザイナーたちがこぞって取り入れました。 やがてヨーロッパ、そして戦後はおもにアメリカで、コスチュームジュエリーは広く普及し、当時の女性たちに装う楽しみだけではなく、生きる活力、自由や自立の精神をもたらしました。
 本展は20世紀初めから戦後に至るコスチュームジュエリーの歴史的展開を紹介する、日本初の展覧会です。 小瀧千佐子氏による世界的に希少なコレクションからジュエリー約450点と、当時のドレスやファッション雑誌などの関連作品を通して、その魅力をご堪能ください。

コスチュームジュエリー

開催概要

展覧会名
コスチュームジュエリー
美の変革者たち
シャネル、ディオール、スキャパレッリ
小瀧千佐子コレクションより
会期
2024年4月26日(金)~6月30日(日)
開館情報
・開館時間
10:00~18:00、金曜日は20時まで
(入場は閉館の30分前まで)

・休館日
毎週月曜日
(ただし4月29日(月・祝)と5月6日(月・振休)は開館)、4月30日(火)、5月7日(火)
会場
愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
主催
愛知県美術館、中京テレビ放送
監修
小瀧千佐子
特別協力
ウィリアム・ウェイン(コスチュームジュエリー研究家/イギリス、ロンドン)
学術協力
ディアンナ・ファルネッティ・チェーラ(コスチュームジュエリー研究家/イタリア、ミラノ)
協力
chisa、株式会社世界文化社
企画協力
株式会社キュレイターズ
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ
お問合せ
愛知県美術館 052-971-5511