TALK SESSIONトークセッション

イベント詳細

「すこやかフェスタ2018」イベント会場でのトークステージ。
乳がんをいち早く見つける方法を会場の皆さんと一緒に考えました。

恩田 千佐子アナ

「キャッチ!」メインキャスター。2017年11月に乳がん手術を経験

矢方 美紀さん

タレント(元SKE48)。2018年4月に25歳で乳がん手術を経験

小林 茂樹教授

藤田医科大学医療科学部放射線学科の教授。画像診断の専門家

01 「ススメ」プロジェクトスタート!
まずは「乳がん」を知ることから。

中京テレビでは「ススメ」プロジェクトと題しまして、乳がんで悲しい思いをする方を1人でも減らしたいと考え、乳がんの正しい知識や検診方法などを継続的にご案内していきます。

矢方さん、早速ですが今年の1月に乳がんとわかり、4月に手術を受け、そのあとSNSを通じて公表されましたね。

はい。それから半年が経ちました。今も治療は続いています。手術直後は「これからどうなるんだろう?」と不安でしたけれど、意外と時間が経つのが早かったですね。

そうですか。私も去年の11月に手術をしてほぼ一年です。過ぎてしまえばアッという間でしたね。その間、気分の浮き沈みに悩まされました。この中にも同じような経験をされている方や、ご家族が現在治療されている方もいらっしゃると思います。まず乳がんがどういうものなのかを、改めて小林先生のお力を借りながら説明します。

これは乳房の横からの断面図です。先生、乳がんとはどのようなものでしょうか?

乳がんの発生しやすい部位

乳房は母乳を作る乳腺と、乳汁を運ぶ乳管、それらを支える脂肪から成り立ちます。乳腺には腺葉と呼ばれる15〜20個の組織の集まりがあり、腺葉は乳管と多くの小葉から構成されます。乳腺で作られた乳汁は乳管を通って最終的に先端の乳頭を通じて出てきます。この乳管で約90%の乳がんが発生するのです。残りの5〜10%が小葉で発生。だから大多数が乳管がんということになります。

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がんに罹患するリスクを回避するために、乳房を切除したというニュースがありましたが、その方法は有効なのですか?

そうですね、アンジェリーナ・ジョリーさんの告白で「予防切除」が注目されていますね。

日本乳癌学会は、遺伝性の乳がんについて、片方の胸に乳がんが見つかった場合に、将来がんになるリスクを減らすために反対側(がんのない乳房)を切除するする手術を推奨しています。ただし、患者が希望し、かつカウンセリング体制が整っていることなどが条件です。ただ、日本ではまだ手術が保険適用になっていません。

心配なところを先にとってしまうと言っても、やはり胸は女性にとって大切なものです。そういう発想にはなかなかならないと思います。ここでまず知っておいていただきたいのは、乳管にがんができやすいということですね。ただ、発見しようにも、おっぱいの中で目に見えない部分のがんです。痛みはあるのでしょうか?

ないです。

これは覚えていただきたい事実。痛みがないので、発見が難しいんですね。矢方さんはいかがでしたか?

私は触ってしこりを見つけたことがきっかけでした。赤く腫れたりすることはなく、触っても痛みはありませんでした。だけど、明らかに「これは私の体に初めからあったものではないな」という違和感があったので、病院に行ったほうがいいと思ったのが最初です。

まさか!?という思いだったのでは?

はい。25歳で乳がんと診断され、「20代でもがんになるんだ…」と、自分が当事者になって初めて知りました。

こちらのフリップをご覧ください。年齢と乳がん患者の数との関係を表しています。他のがんが50~60代で増えていくのに対し、乳がんは20代でもかかり、30代後半から一気に増えていきます。先生、これは乳がんの特徴なのでしょうか?

愛知県 年齢階級別・部位別罹患率〈女性〉

そうですね。日本人は40代から特に増える傾向にあり、40代後半から50代前半と、60代前半に2つのピークがあるのが特徴です。

乳がんは若いうちから増えていくんですね。40歳以上の方が定期検診を受けるよう推奨されていますが、これはどうしてでしょうか?

国が推奨しているのがレントゲンの検査です。通常「マンモグラフィ」と呼ばれますが、その検診が40歳以上の方に有効性が高いと証明されています。

ただし、40歳前でもかかることもあるので、セルフチェックが推奨されているんですね?

その通りです。

CLOSE